愛知県のプロパンガス料金の節約と値下げ相談

プロパンガスに関する用語集

プロパンガス料金を節約するにあたって、最低限知ってほしいことを、【プロパンガス用語集】としてまとめました。

ガス会社の切り替えや料金交渉の際に、お使いいただければ幸いです。

用語辞典

エコキュートとはヒートポンプ技術を利用し空気の熱で湯を沸かすことができる電気給湯機のうち、冷媒として、フロンではなく二酸化炭素を使用している機種の総称である。

利点

  • 優遇された料金により従来式燃焼式給湯器と比較して給湯にかかる光熱費が抑えられる。
  • タンクにお湯を貯める仕組みから、断水してもタンクの水を非常用水として活用できる。
  • ヒートポンプ技術を使うことで、発電効率が高い場合には給湯の省エネルギーが実現できる。
  • ガスの給湯器と違い、停電時でも貯湯タンクから水(お湯)を非常用取水栓から取り出すことが可能。
  • お湯の質が良い
  • 電力自由化に伴い、電気プランの多様化で、割引が大きくなる

欠点

  • 長時間の低周波騒音の原因になりうる。
  • 機器が複雑で故障が多い。
  • 主な故障はコンプレッサー故障、キャピラリーの詰まり、電磁弁不良、パッキングやホース類からの水漏れなどである。
  • 冷媒ガス圧力が高圧なため、冷媒ガス抜けの場合、再充填出来ない(エアコンのように充填出来る構造になっていない)。
  • 2014年7月25日にパナソニック製エコキュート208機種103万台がリコールされた。コンプレッサー断熱材に水がたまり、コンプレッサーが腐食変形して破裂する事例が5件発生した。
  • 空気熱を利用するため冬は効率が低下し光熱費が高くなる。
  • 貯湯タンクのためのスペースを必要とし貯湯している間の放熱ロスがある。
  • 水圧が下がる。
  • 水質(主に井戸水)によっては耐用年数が低下する場合がある。
  • 冬場、凍結してはいけない物を、ヒートポンプファン吹出し口前面に置いてはならない。

出典:wikipedia

都市ガスやプロパンガス (LPG) などの可燃性の気体を燃料とする焜炉。安定した火力で調理する際に威力を発揮する。その一方で小型の物は常温下では安定した火力が簡単に得やすいことから、沸点が高くカートリッジの耐圧製が低くできるブタン(ガスライターの燃料)や混合ガスを充填したカートリッジを使用する。
プロパンや都市ガスなどを使用する据え置きタイプの物は火力の調節が簡単で、炒め物などの高温を必要とする調理から煮物などの弱火を長時間用いる調理にまで、幅広く用いることが可能である。簡易式のカートリッジを使うタイプでも他の移動式焜炉より点火が簡便で、また高温も得やすい。

出典:wikipedia

オール電化住宅(オールでんかじゅうたく)は、調理、給湯、空調(冷暖房)などのシステムを全て電気によってまかなう住宅のこと。

メリット

  • ガスの基本料金が無くなり、基本料金を電力に一本化できる。
  • 深夜電力を用いる場合に限り、給湯にかかる光熱費がガスや灯油に比べて抑えられる。
  • 災害時や停電時にエコキュートや電気温水器の貯湯タンク内の湯が使える(飲料目的には適さない)。
  • 新築時にガス配管工事が不要なため、建設コストが抑えられる。
  • 裸火を使わないため、炎による火災の危険性が低い。
  • 電気暖房や電気調理器具は加熱時に一酸化炭素を発生させないため換気を必要とせず、高気密高断熱住宅に適している。
  • 厨房の場所の制約が少ないため、部屋の中ほどに配置して食卓と一体化させるといった間取りの自由度を高められる。
  • 太陽光発電や都市ガスを用いたエコウィル、エネファームで自家発電した電力を消費することが出来る。
  • 災害の際の復旧が、ガスと比べて早い。(発電所自体の被災などが無い場合)

デメリット

  • イニシャルコスト(導入費用)がガスコンロ、ガス給湯器と比べ、IHクッキングヒーターとエコキュートもしくは電気温水器の方が高価である。
  • 電力の大量消費を前提としているため、電力需給が逼迫している際には停電を誘発する要因となる。
  • 電気のみに頼るため、電気料金が高騰するような場合(燃油価格の高騰による調整費加算など)、その影響を直接受け、リスクを分散することができない。
  • 停電時に家庭内の全ての熱源機器が機能しない。蓄熱暖房器などの蓄熱分は利用できるが使いきりとなる。(もっとも、ガス機器などの利用も点火に乾電池やマッチ、ライターを利用する機器を除いて停電時には使用不能となるため、特別にデメリット視する必要はないという意見もある)
  • エコキュートの深夜から朝方にかけての騒音により、設置家庭の睡眠を妨げたり、近隣住民が悩まされ続け、トラブルになる場合がある。2011年7月に隣家の住人が損害賠償を求めて提訴した事例がある。特に設置場所が壁や塀に囲まれた極端に狭い場所だと音が増幅される。
  • 貯められる湯の量に制限があるため、定量以上の湯を使用すると、湯切れを起こす。
  • 湯切れを起こすと昼間の割高な電気料金で貯湯を始めなければならず、かえって光熱費が高くなる。
  • 深夜の電気代は割安だが、夏場(7/1 – 9/30)の昼間の電気代は、一般的な電気料金契約の約1.5倍 – 2倍と、かえって高くなってしまう。
  • 生活スタイルに合わない使い方をすると電気とガスを併用するよりも光熱費が上がる場合がある。
  • 機器代が通信販売、訪問販売といった販売方法によって大きく異なる(通信販売と量販店では2 – 3倍前後)。
  • 電気給湯機の貯湯タンク設置スペースや熱源機が必要。
  • 一度オール電化住宅を建てると、改築しないとガスに乗り換えづらい。ガスとのエネルギー間競争を阻害させ、ますます電力会社の独占力を強めることになる。そして何より電力会社自身が住宅一戸丸ごとに対する割引を設定していることは、まさしくそのような将来的な独占力の強化を目論む反競争的な行為とも思われる。
  • 東日本大震災において、電気給湯機の貯湯タンクの転倒が多数発生し、貯湯タンクの供給不足から、電気水道が復旧した後、数カ月にわたって温水の使用が不可能となる事例が生じた。

出典:wikipedia

エネファーム(ENE・FARM) とは、家庭用燃料電池コージェネレーションシステムの愛称である。2008年6月25日に燃料電池実用化推進協議会 (FCCJ) が家庭用燃料電池の認知向上を推進する取り組みとして、企業などに関係なく統一名称を決定した。発電ではなくあくまでも、家庭を中心とした節電を目的として開発された。

  • メリット
    • 発電で発生した排熱を直接利用できるため、排熱を利用しないタイプの火力発電や原子力発電と比べて発電時のエネルギー利用効率が高い。コージェネレーションも参照のこと。
    • 自宅で発電をするため、送電ロスがほぼない
    • ガス会社によっては、専用料金メニューを用意しておりガス料金の割引を受けられる
    • 給湯時の発電により家庭で使用する4 – 6割程度の電力量をまかなえるため、電気料金が安くなる
    • 補助熱源機を組み合わせて使用するため、湯切れの心配がない
    • 補助金制度がある
  • デメリット
    • 発電時の排熱で貯湯タンク内のお湯を温めるシステムであるため、貯湯タンク設置スペースが必要
    • ガス給湯器やエコウィルと比べると、補助金制度はあるものの初期費用が高い。1機あたり300万円前後(前者の2つは80万円以下)
    • 貯湯タンクのお湯が沸ききると発電を止める仕組み(PEFC)のため、発電量がお湯の使用量に左右される。給湯能力が高すぎるため家庭用としては過剰性能である。
      • SOFCの燃料電池スタックは頻繁な温度の上下変化に耐えられないため、SOFCを利用する製品は24時間連続運転するよう設計されている。
    • 停電時には発電できない製品がある(#コストと将来見通しにて後述。2011年以前発売の全製品は停電時の発電機能を備えていなかった)
    • 低周波音を発生し、近隣住民とトラブルになるケースが報告されている

出典:wikipedia

『オイルヒーター』とは、フィンの内部にある密閉された難燃性のオイル(オイルは補充不要)を電気で温め、そのオイルを循環して放熱するタイプの暖房機。立ち上がりは遅いものの、放射熱により部屋全体をおだやかに暖めるのが人気です。

一方『パネルヒーター』とは、内部はオイルではなく電気ヒーターをパネルで覆ったタイプ。立ち上がりが早く速暖性があるのがオイルヒーターとの違いとなります。また、パネルで覆われているため、赤外線ヒーターと違い表面が赤くならず安全性が高いところも長所です。

以上のように暖める仕組みは異なりますが、風のない静かな暖房器具ということでは共通点が多いタイプです。比較的コンパクトに置けるオイルヒーターか薄型のパネルタイプか、設置のしやすい方で選択すると良いでしょう。

価格は1~7万円程度と幅広くありますが、ボリュームゾーンは3万円代。オイルヒーターはヨーロッパで普及していたため、海外メーカーが主流で、レトロな印象のするデザインも人気のひとつです。

参考:All About

床暖房(ゆかだんぼう)とは、床を加温することで生じる熱伝導、対流および放射を利用した暖房方法である。

長所

  • 温風吹き出し口がないのでほこりが立たず、静かである。
  • 一般的に床面が平滑であるため、電気カーペットより清掃が容易である。
  • 燃焼装置を持たないか、持っていても室外設置のため安全性が高い。
  • 燃焼装置が室内にないので、部屋の空気組成に影響を与えない。
  • 温風などが室内の空気を攪拌しないので、風邪などの空気を媒介とするウィルスなどが室内に広がりにくい。
  • 表面材をタイルなどのセラミックスとすることで、遠赤外線によって体を芯から温めることができ、快適な暖房効果が得られる。
  • 床が暖かくなっても、天井が熱せられないため、頭寒足熱効果が得られる。
  • 空気をあまり暖めないため相対湿度が下がりにくく、風邪やインフルエンザ等のウイルスが繁殖しにくい。また、外気温と室温の温度差が小さいため、窓等が結露しにくい。
  • 余熱があるため早めに運転を止めることができる。運転を止める目安は部屋を去る20分前である。

短所

  • 床下の熱交換器あるいは床自体に発熱体が必要となるため、ストーブやエアコン、オイルヒーター等に比べ初期費用が高額となる。
  • 長時間にわたり床に接していると低温やけどの危険がある。
  • 床材は熱伝導率の低い木材が使用されることが多く、適温になるまでに時間がかかる。また、熱により床材が収縮し、床材同士に隙間ができる場合がある。
  • 温風暖房のように風は利用しないが、床からの上昇気流がある。そのため、理髪店などでは床に落ちた髪の毛が乾燥して軽くなるので、上昇気流による巻上がりが起こることもある。

出典:wikipedia

コンデンシングボイラーのうち都市ガスやLPガスを燃料とするものは特に「エコジョーズ」の愛称で呼ばれる。従来型のものでおよそ80%だった熱効率を、95%程度まで高めている。

2000年6月に高木産業 (現・パーパス株式会社) が販売を開始した。

製造メーカー

  • ノーリツ
    • ハウステック(ノーリツのOEM)
  • リンナイ
    • ガスター(リンナイのOEM)
  • パロマ
    • タカラスタンダード(パロマのOEM)
  • パーパス
  • 長府製作所

出典:wikipedia

ガスを燃焼させた時に発生する熱を、温風として室内に放出させることで室温を上昇させる機器。排気方法により、ファンヒーターとFFファンヒーターに分かれる。いずれの場合も、ファンを稼働させたり、細かな自動調整を行うための電力が必要である。

ファンヒーターは、排気を直接室内に放出させるため、定期的に換気の必要がある。FFファンヒーターは強制給排気方式のため、室内の空気を燃焼に使わず、換気の必要がない。ファンヒーターはストーブと同様にある程度の移動が可能であるが、FFファンヒーターは給排気筒が壁に固定されるため、移動させることができない。室温を常時計測して燃焼を自動的に細かく調整するものが多く、また室内の空気を循環させていることで、燃費低減につながっている。

都市ガス地域ではガスファンヒーターは暖房器具としてポピュラーであるが、(ガスストーブと同様に)プロパンガスは、ガス単価そのものが都市ガスと比較し高価であるため、ランニングコスト等の問題により、プロパンガス地域の店頭では、ほとんど販売はされていない。なお、ガスの調整弁を各ガス種のものにすることで、それ以外の本体部品の多くを共用できるため、商品ラインナップとしては各ガス種のものが取り揃えられてはいる。

出典:wikipedia

炊飯釜を約1,200度のバーナーによる直火で熱するのが特徴で、IH炊飯器に比べ複雑な機構が必要なく、調理時間もやや短い。ガスコンロ上に炊飯釜を乗せた形状のため、同容量の電気炊飯器に比べ全高は高くなる。都市ガス(12A・13A)用とプロパンガス(LPG)用があり、同じ機種でも燃料ごとに型番が異なる。

出典:wikipedia

トップへ戻る
2018-05-02T11:43:23+00:00